2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.17 (Fri)

ワクチンのお話。


一昨日でしたか...
「安全性の高いワクチンへの切り替えを求めて
患者やその家族が署名を提出した。」
というニュースが流れておりました。

 安全性高いポリオワクチンを (NHKニュースサイト)

ポリオワクチンについては 1週間ほど前
NHKのある番組でも詳しく取り上げていましたが
そこで出てきた 「生ワクチン」 「不活化ワクチン」 と言う言葉。
これを聞いた時、下書き状態で保存したまま
埋もれている記事があったことを思い出しました。

今回は その記事に加筆してupいたします。
 (テキストのみのエントリーです。)


*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*


◎ 猫伝染性鼻気管炎(FVR)
◎ 猫カリシウイルス感染症(FCV)
◎ 猫汎白血球減少症(猫パルボ;FPV)

これらは「猫用3種混合ワクチン」で予防できるとされている病気です。

ワクチンには3種・4種・5種... などありますが
一般的に多くの飼い猫さんが この3種混合ワクチンを接種し
発熱や嘔吐、食欲不振など 多少の副作用も経験されているかと思います。
我が家の2ニャンも3種です。

では、ワクチンには「生ワクチン」と「不活化ワクチン」とがあり
重篤な副作用である 「ワクチン誘発性悪性腫瘍」と少なからず関係している
ということをご存じでしょうか?

私... 恥ずかしながら近年まで知らずにおりました。
昨年、偶然目にしたブログ記事の内容に愕然とし
すぐさま レオ&チビのワクチン証明書を確認したのは言うまでもありません。

すでにご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが
多くの飼い主さんに知っていただきたい内容だと感じましたので
2つの記事にリンクさせていただきます。


『頑張るめいちゃんと仲間達』
  ワクチン誘発性悪性腫瘍 について
  ワクチンを選ぶ権利(猫のワクチンの副作用)
 ※ 線維肉腫と闘っていた めいちゃんは、10月4日 お空へ旅立ちました。
   10月8日の記事に 飼い主さんの想いが綴られています。



【我が家のワクチン事情】

リンク先の記事を読み、すぐに確認した我が家のワクチンは

「フェロセルCVR(生)/ファイザー製薬」

そして、接種部位は腰。 (尻尾の付け根近く)
「前回右でしたから 今回は左に打ちますね。」っと
毎回左右交互に接種してくださっていますが
このことにも意味があったのだと納得いたしました。

現在の掛かり付け病院の院長先生は、猫の血液・免疫・腫瘍が専門であり
日本獣医がん学会の獣医腫瘍科認定医でもあります。
ワクチンと悪性腫瘍の関係も 少なからずご存じのうえで
副作用の少ないものを導入なさっているのではなかろうか と
私自身 勝手に解釈しています。

しかしながら 生ワクチンだから安心... というわけではなく
ごく最近、フェロセルCVR(生)の接種から数ヶ月後に
ワクチン誘発性悪性腫瘍と診断された事例をネット上で見つけたのも事実です。


ワクチンで守れる命があります。
が、その内容や伴うリスクについての知識の必要性も感じました。
知っておくことで、もしもの時の早期発見・早期対応にも繋がります。


*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*


人の場合のポリオワクチンでは 「不活化」 のほうが安全性が高いとされ
猫の場合は「生」のほうがより安全... ?

一概には比較できませんが 真逆の現実に戸惑いも感じます...



 
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
 

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

08:00  |  ネコ  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

わが家も同じワクチンです。
有り難い事に今まで副作用はありません。
でも、獣医と相談のうえ肉腫が怖いので2年に1度にしました。
3年まではの説もあるので完全室内飼いということを考慮してです。
ブリーダーさん情報でも生ワクチンがいいということだったのですが、やはり人間とは逆ということを知って戸惑います。
私も自分で調べてみます。
ひでのひめ | 2010年12月18日(土) 15:10 | URL | コメント編集

この記事を読んでかなり動揺しております。
うちは4種混合、(京都ビケンさんでした)しかも肩打ち・・・

実はワクチンは姫だけしか接種してません。
これは

にゃん様は高齢で外出しなくなった
茶汰は元気すぎるし、元ノラで免疫ありそう(笑)

だと思ったからです。
ちなみににゃん様も茶汰も今までほぼ病気知らずできています。

今の獣医さんはとても信頼しているのですが、今後は姫の接種について今後考える必要がありそうですね。
 
一番いいのはセカンドオピニオンとして相談出来る病院が近くにあればいいのですが・・・
ああ(-_-;)
山里 | 2010年12月18日(土) 16:40 | URL | コメント編集

★ひでのひめさんへ

ひでのひめさんは この件、たぶんご存じだろうと思っていました ^^
レオは時々リードで外へ出すことから毎年接種ですが
チビは隔年接種にしています。
チビのほうが接種後のグッタリ感や食欲低下が大きいので。
たぶんね、通院ショックだと思うのですよ... ビビりなので ^^;
極端な話、成猫で室内飼いの場合は接種しないという
選択肢も有りだと思っています。

人用と猫用の違いって ポリオの不活化ワクチンが
何年たっても認可されないってことに
なにか関係しているような気がします。
リンク先にも 「猫だから不活化が認可されているのか?」
とありましたね。 ポリオの不活化って ホントに安全なのだろうか?
レオっち | 2010年12月23日(木) 19:12 | URL | コメント編集

★山里さんへ

はーこさん4種の肩打ちでしたか (>_<)
お外へ出るネコさんですから4種は妥当な選択だと思います。
が、接種部位は変えていただいたほうがいいですね。
そして 日頃のボディチェックを念入りに。

今後のことは そのまま4種でいくか、3種に減らすか
または接種を止めるか、選択肢はいろいろありますね。
病院が生ワクチンを扱ってくれるのか という問題もありますし
まずは獣医さんと相談されてみてはいかがでしょう。
我が家は 運よく生ワクチンでしたが 2ニャンとも高齢の域に
入りましたから そろそろ止め時を考えるようになりました。
レオっち | 2010年12月23日(木) 20:06 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。