2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'05.10 (Mon)

神戸 北野異人館めぐり。


GW中の夫婦旅、新緑の神戸を散策してまいりました。

神戸は15年前、震災の半年後に家族で観光したことがあります。
当時は子ども連れでしたので 慌ただしく巡りましたが
今回は大人目線で じっくり楽しみましたよ (*^-゚)v

まずは、北野異人館めぐり。
異人館内部の家具や調度品にスポットをあててご紹介しますね ^^

画像はおもに「英国館」「仏蘭西館」で撮影したものです。


CIMG9921.jpg CIMG9969.jpg

CIMG9972.jpg

CIMG9939.jpg

CIMG9937.jpg

CIMG9970.jpg
航海用大型トランクはルイ・ヴィトンの草創期のもの。

CIMG9934.jpg
英国館2階に再現された シャーロック・ホームズの執務室。

CIMG9931.jpg
同じく英国館内にある重厚なバーカウンター。
マホガニー素材に綿密な彫刻が施されており
実際に18世紀~19世紀の英国貴族の館で使われていたもの。
現在も夜はバーとして 世界の名酒をバカラのグラスで味わえるそうです。


バロックやビクトリア時代の重厚でクラシックなインテリアを
さらに引き立てているのが たくさんのランプの灯でした。

CIMG9940.jpg CIMG9935.jpg

CIMG9967.jpg CIMG9977.jpg

装飾性の高いお洒落なランプの数々。
アール・ヌーヴォの有名作家作品も さりげなく置いてあります。
(レプリカなのかも。。。) 

CIMG9966.jpg
ルイス・C・ティファニーのステンドグラスランプ。
ティファニー定番のトンボ柄。

CIMG9962.jpg
エミール・ガレのテーブルランプ。


仏蘭西館の1室では、ガラスケースに覆われた名品が!

CIMG9974.jpg

CIMG9975.jpg CIMG9976.jpg

この展示の仕方は 本物ってことですよね ^^;
美しく繊細なガラス装飾に見とれてしまいました (*^-^*)ゞ


ルネ・ラリックといえば...

箱根に「ラリック美術館」というのがあって
数々のラリック作品が収蔵されていますが
あの有名な「オリエント急行」の内装を手掛けたラリックにちなんで
役目を終えた車両の一部が展示公開されていているそうですよ。
豪華な車内でお茶もできるとか。 (TVの情報番組のウケウリです ^^;)
う~ん 行ってみたい! o(≧~≦)o


次回は神戸花めぐり編を・・・
も少し お付き合いくださいね~♪



★ ポチっと応援してニャ♪
ありがとニャ♪

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

23:46  |  神戸  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。