2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'02.14 (Sat)

追悼 茶太郎君。


昨日は九州と中国、四国、北陸、関東で春一番が吹いた.....らしい。

え~っ、風なんか吹いたかしら? ^^;

でも、暖かだったことは確か!

夕方から雨が降ったせいもあるのか

夜も暖房が要らないくらいで過ごしやすかった。


そんな春も間近なある日、ブログのお友達である

「ぐうたら☆猫人」 の茶太郎君が、虹の橋へと旅立ちました。

chatarou.jpg



昨年6月に腎不全を発症し

飼い主 眠民さんと共に闘病生活を送っていましたが

2月11日(水)未明、茶~君の大好きな旦那様の腕の中で

ご家族に見守られながらの旅立ちでした。

享年17歳。

茶太郎君のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


長い時間を共に過ごしてきたご家族にとっては

さぞかしお辛いことと思います。

高齢ゆえ、治療方針についても様々な心の葛藤がおありだったようですが

茶~君が穏やかに、安らかに最期を迎えられたことは

とても幸せなことであったのではないでしょうか。

私はそう思います。

眠民さんが心情を綴っていらっしゃいます。 ⇒ 「ぐうたら☆猫人」


茶~君、頑張ったよね。 お疲れさまね。

これからは 空の上からパオちゃん、プーちゃん達を見守ってあげてね。

17年、命を全うしたキミに拍手を贈ります。 (*゚▽゚ノノ゙ パチパチパチ.....

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

07:23  |  ネコ  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ありがとう。

寂しい気持ちは有るものの、悲しい気持ちは無いと言っていい程です。
病気が発覚した時は悲しくて仕方なかったけど
それ以降、茶~君も私達も頑張ったから(^ ^)

いつか、茶~君のところへ行った時に
恥ずかしくないように生きていきたいと思っております。

本当にありがとう、心からありがとう。
眠民 | 2009年02月14日(土) 10:48 | URL | コメント編集

★ご冥福をお祈りします

こんばんは。
茶~くんの事今日知りました。
残念ですね。
でもホントに眠民さんも茶~くんも頑張りましたよね。
茶~くん本当にお疲れ様。
miki | 2009年02月14日(土) 19:29 | URL | コメント編集

コメントは残せませんでしたがブログを見させていただきました。
悲しさよりも寂しさ・・・すごく解る気がします。
ご冥福をお祈りします。
ひでのひめ | 2009年02月14日(土) 21:13 | URL | コメント編集

こんばんは。
茶太郎君を見てきました。
コメントはできませんでしたが・・・
闘病、お疲れ様です。どうか天国でゆっくり休んでください。

先日、メタボ仲間の蘭丸ちゃんもまだ1歳なのに急逝してしまって(T_T)
ブログを始めてたくさんの猫さんを知ったけど、
当然こういうこともあるんだよなぁってしみじみ感じています。
あやぞっ | 2009年02月15日(日) 19:29 | URL | コメント編集

★コメントありがとうございます。

v-282 眠民さん
悲しみよりも寂しい気持ち、そうですね。
いつかお別れがくるのは仕方のないことですが
長く一緒に暮らした家族の存在がなくなる寂しさは
ことのほか大きいものです。
一昨年、末娘が手元を離れることが決まった時
じつはコッソリ泣きました、お風呂の中で。
一生会えないわけじゃないのにね~ ^^;
でも、その時はたぶん同じような感情だったと思います。

レオ&チビにも長生きしてもらって、茶~君のような
お別れができれば・・・それが理想であり目標です。
こちらこそ、ありがとう ^^


v-282 mikiさん
闘病のことはあまり書かれなかったので
私も突然でビックリしたんですよ。
でも、茶~君は充分頑張りましたもの。
眠民さんも旦那様も立派なお見送りをされたと思います。
茶~君は幸せな猫さんでしたよね。

 
v-282 ひでのひめさん
お心を寄せてくださってありがとうございます。
茶~君のこと知ってもらえて喜んでいると思います。
そうですね、存在の無くなる寂しさ、それに尽きるかもしれません。


v-282 あやぞっさん
お心を寄せてくださってありがとうございます。

そうですね、私もネットを始めてから知った猫さんが
最近次々と・・・特に昨年末から続いていて。
寿命を考えれば仕方のないことですが
見知った猫さんとのお別れはやはり辛いですよね。
命の現実をあらためて実感してしまう毎日です。
レオっち | 2009年02月16日(月) 10:25 | URL | コメント編集

★ありがとう

mikiさん ひでのひめさん あやぞっさん
ありがとうございました。

「僕の命の時間は‥‥」と、覚悟する時間をくれた事
最後の力を振り絞って私の布団まで来た事
私を悲しませないように‥‥思ってくれたんだと‥‥思います。
眠民 | 2009年02月17日(火) 13:27 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。