2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'12.29 (Mon)

歯石除去@レオ

12月19日 レオの歯石除去手術をしていただきました。

今回のレオの件に関しては少し問題点がありましたので

自分のためのメモという意味も含めて記します。

文章ばかりです、ゴメンナサイ ^^;


9:00 動物病院に到着。

手術前の血液検査実施。


  BUN(尿素窒素) 33.4  基準値は 17.6~32.8 mg/dl

  Cre(クレアチン)  1.7  基準値は 0.8~1.8 mg/dl

  【 5月の検査数値 ・・・ BUN 37.9  Cre 1.8


以下、先生からの説明。

腎機能の低下が数値として表れている。

一般的に、数値に表れた時点で すでに腎機能の75%が失われていると考える。

猫の場合、麻酔薬の大部分が腎臓から排出され

腎機能が低下は、薬物に対する解毒機能も低下しているため

麻酔薬が体からスムーズに排泄できず、体の中に長く残ってしまう可能性がある。

また、腎機能の悪化を助長してしまう場合もある。 (腎不全の発症)

しかし、歯周病が腎機能を低下させている場合も少なくない。

今回の歯石除去手術では術前+術後の点滴量を増やし

麻酔薬を薄めて腎臓負担を極力減らす方法で対応するが

絶対大丈夫というわけではない。

今回 歯石除去を中止した場合は、年齢的にも一生できないことになる



・・・・・メッチャ悩みましたが、結局手術をお願いしました。

12:30 病院より手術無事終了のTEL。

19:00 お迎え、帰宅。

帰宅後は、チビのようなフラつきもなく

食欲・排尿の異常も見られず順調に回復しました。


1週間後の26日、確認の診察のため通院。

歯茎の炎症は無くなり綺麗になりました。


腎臓機能の低下は改善されるものではなく

今の段階では、投薬または食事療法で

これ以上の低下を抑えていくしかないとのことです。

レオの場合、投薬はせず、血糖値&ダイエット対策で食べさせている

療法食 ヒルズw/dをこのまま続けて様子を見ることになりました。

w/dは腎疾患用ではありませんが、他のフードに比べれば良質であること

また、現在のレオに尿の異常が表れていないことを踏まえた判断です。

今後、急激に痩せる・多飲多尿・尿の色が薄くなる等の症状が

表われれば即受診、何も無ければ次回ワクチン(来春)時の受診です。


CIMG6878.jpg


レオ 9歳、チビ 8歳。

もっともっと君たちと一緒にいたいから

もっともっと勉強しなくちゃね。


そうそう、レオ体重が減ってました。

5月 5.82キロ ⇒ 今回 5.44キロ  ヨッシャ!(^^)v


※ 今回掛かった費用
   再診料 ・・・ \600   
   歯石除去 ・・・ \15,000 (術前検査・心電図・麻酔・点滴・入院費等 含む)
   採血・生化学検査 ・・・ \900
   注射 ・・・ \2,000 (抗生剤・消炎剤)
   薬価 ・・・ \8,090 (輸液追加分 他)
   爪切り ・・・ \500
   消費税 ・・・ \1,355
   合計    \28,445


★ポチッと応援してニャ♪
ありがとニャ~♪

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

07:00  |  歯石除去  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

健康体でも麻酔を使うときは心配ですが、今回はなおさら心配だったことでしょうね。
でも無事に終わって良かったです。
猫と腎臓病は切れない縁なんでしょうか・・・。
うちのビョルナもレオちゃん以上に数値が悪く、おまけに心雑音もあるので両方に良いk/dで投薬せずに様子を見ています。
家に来たときから瞬膜がでていて気になっていたので、早く血液検査をしてもらって正解でした。
食事が合ったのか最近は瞬膜のほうもだいぶ見えなくなり、少し体重も増えたようです。
ただ、冷えは禁物ということでストーブを1日中点けっぱなしなのと、処方食がお高いのが痛いです。
でも、長生きしてもらうためですから少しでも過ごしやすい状態を心がけたいと思っています。
歯から腎臓という話は私が行っている獣医さんも言っていました。
ビョルナは歯は全く問題がなかったのですが・・・。
私もいろいろと勉強していきたいと思っています。
ひでのひめ | 2008年12月29日(月) 14:17 | URL | コメント編集

こんにちは。
レオちゃんの歯石除去、書かれている状態なら私も悩みます。
でも、手術して正解でしたね。
これで腎機能低下にブレーキをかけられますね。
レオっちさんのおっしゃるとおり、長く一緒に居たいですもの、健康に過ごして欲しいです。
あやぞっ | 2008年12月29日(月) 14:21 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2008年12月30日(火) 00:57 |  | コメント編集

おはようございます^^
昨晩記事読ませて貰ったんだけど・・・
私ってばなんせ勉強不足で、その場にならないと
焦らないタイプ^^;
ひでのひめさんやあやぞっさんみたくしっかりしたコメントが
出来ないなぁっと思って読み逃げしましたゴメンナサイ(_ _)
歯石の問題はまだ実感出来ないのが実情
でもレオっちさんの様に教えてくれる先輩がいてくれるから
心強いです^^
今年はもうご家族お揃いですか?
お揃いでゆっくり出来るお正月ですね
ぽん母 | 2008年12月30日(火) 08:28 | URL | コメント編集

年末いかがお過ごしですか?
義祖母さまのご葬儀からあまり日にちがたってないのでお忙しいでしょうね。
 
ちゃんとリスクを説明してくれる病院でびっくりしました。
なかなかココまで細かく説明してくれる先生はいらっしゃらないと思います
街中の病院ですか?
もしよければ病院名を教えていただけないでしょうか?
今後何かあった時に・・と思ってます。
 
レオッちさんのブログは勉強になってとてもありがたいです。
来年も色々教えて下さいね~。
 
あ、もちろん山里も山里にしかできない情報をお伝えします(笑)
山里 | 2008年12月31日(水) 13:02 | URL | コメント編集

こんばんは~
今年一年色々お世話になりました
ありがとうございました
皆さんで静かに過ごす年越しですね

ぽん母 | 2008年12月31日(水) 20:14 | URL | コメント編集

★コメントありがとうございます。

皆様いつもありがとうございます。
お返事が大変遅くなり申し訳ありませんでした m(__)m

v-100 ひでのひめさん
前回の健診の時に、すでに基準値からハズレていたのですが
まだそこまで深刻に考えていなかったのが事実です。
でも、今すでに腎機能の75%が失われている・・・
と、言われた時はショックでした~ ^^;
糖尿と腎疾患は高齢猫の宿命と言われていますよね。
本猫は元気いっぱいでも、やはりそれなりの症状が
出てきてるのだと実感しました。

ビョルナちゃんも早期発見できて良かったですね。
これから医療費・食餌代 嵩みますが元気で長生きしてくれれば
なんてことないです!
お金には換えられない大事な家族ですものね ^^


v-100 あやぞっさん
なんか、もの凄い選択を迫られた感じで焦りましたが
経験豊富な病院&先生ですし、説明にも自信が垣間見られたので
信頼してお願いしました。
何事もなく手術が済んでホッとしています ^^
そうですね、歯周病のリスクは無くなったので
今の状態をキープしていけるように頑張らなくっちゃです (^.^)


v-100 鍵コメさん
お辛いことを思い出させてしまうような記事ですみません ^^;
また、お気遣いありがとうございました。


v-100 ぽん母さん
読み逃げなんて気になさらないでくださいね~ ^^
ぽん母さんちは まだ若いネコちゃんばかりですから
実感なくて当然ですよ~、私もそうだったもの ^^;
記事にも書いてるように自分の備忘録の意味と
読んでくださった方の記憶のスミにでも残って
何かの時の参考にしていただければ幸いだと思っています。
みんないつかは通る道・・・d(・ω・*)ネッ!

年末のご挨拶、ご丁寧にありがとうございました m(*- -*)m
お伺いできずに申し訳ありませんでした。
こちらこそ、新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。


v-100 山里さん
お気遣いありがとうございます。
義祖母の葬儀以降、予定がガタガタに崩れてしまって
なかなか生活のペースが掴めないでいます ^^;
ご無沙汰してしまってすみません m(__)m

病院は我が家の近くです。 田舎ですぅ (笑)
病院情報については後ほどメールを差し上げますね。
HPもありますので参考になさってください。

山里さん情報、いつも楽しみにしています。
いろんな意味で興味深いっす!うん!(笑)
レオっち | 2009年01月03日(土) 00:17 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。