2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'11.15 (Sat)

ボクからのお手紙。


CIMG6692.jpg



CIMG6693.jpg



CIMG6694.jpg


回覧板にお手紙(ニオイ)付けるのは止めてください。

お隣のワンちゃん困惑するから・・・ ^^;


CIMG6237.jpg


チビから、大切なお手紙を皆さんへも・・・

いつも訪問している (読み逃げですが) blogの記事にリンクさせていただきました。

ぜひご覧ください (_ _*)

  ★ 「にゃんず日記」 動物愛護センターの現実



それから・・・私、本日付けで退職いたします。

さて、明日から何するかなぁ ^^



お手紙読んでくれたかニャ?
ありがとニャ~♪

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

07:00  |  ネコ  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは~
私もセンターに行って現実を見なければ
と思いながら月日は経ってしまっています。
写真や文章で見るのとは違いますよね
でももう一歩が踏み出せないでいます

え!レオっちさん仕事辞めちゃったの?
ひとまずお疲れ様でした。
内観の時間が持てるね
ぽん母 | 2008年11月15日(土) 15:21 | URL | コメント編集

こんばんは。
あら?退職されたんですか。
それじゃ、しばらくはネコさんたちとマッタリして充電してください(^v^)
(本日、ほんの気持ちですが、宅急便を送りました。明日、明後日には届くと思います。
出荷したコンビニの店員さんがいまいち不慣れな様子だったので、届かなかったらご連絡ください。)

センターの記事、涙がでます。毎日そこで見送っている職員さんたちの気持ちも考えるとたまらないです。
あやぞっ | 2008年11月15日(土) 22:02 | URL | コメント編集

★こんばんは

センターの記事
同じ命なのに・・・
と思うとたまりません。みんな助けてあげられたらいいのに、と自己嫌悪。

退職されたんですか?
みんなとの時間が増えますね。
レオさんチビさんは喜んでくれますね~。
ろーうぇる | 2008年11月16日(日) 23:36 | URL | コメント編集

退職なさったんですね。
お疲れ様でした。
ゆっくりレオちゃん、チビちゃんと過ごして充電してくださいね。

最近、TVなどでもこの現実が放送されたりするようになってきましたね。
最後まで見ることが出来なかった・・・という声も耳にします。
でも、あえて私は見ます。現実から目をそらしてはいけないと・・・。
ただ、私は猫をお金で買っている身でもあります。
そんな私には何も言う権利はないのかもしれない。
いつも葛藤があります。
ただ、せめて自分の家の子達だけは終生必ず大事にしていこうと思います。
無知であることが殺処分を増やす原因の1つでもあるような気がします。
TVの動物番組を見ていても外飼いを容認していたり・・・。
もっとメディアが殺処分だけではなく、特に娯楽時間に放送される動物番組などで、今の時代にあった飼い方、避妊・去勢やワクチンの必要性や病気についての情報などを伝えてくれたらと思ったりします。
ひでのひめ | 2008年11月16日(日) 23:49 | URL | コメント編集

★コメントありがとうございます。

今回はまとめてお返事させていただきます m(__)m

昨今、愛護センター、管理センターの現実は
メディアでもずいぶん取り上げられるようになりました。
持ち込む人間の身勝手な理由には情けなくなります。
「旅行に行くから・・・」 「飽きたから・・・」
こんな理由で持ち込む飼い主を罰することはできないものなのでしょうか。
オモチャのように使い捨てされていく小さな尊い命を
減らしていかなければなりませんね。
そして、私達のようにネット環境にない人たちへ
もっともっと情報を与えて、正しい飼育・管理の方法を
徹底させていかなければならないと実感します。
本当に無知は罪なことだと思います。

買った猫か、保護した猫か、センターから引き取った猫か
どのような出会いであったとしても、家族として迎え入れたならば
どの子も同じ、沢山の愛情を注がれて命を全うできれば
幸せな一生だったと言えるでしょう。
私は、純血種を絶やさないようにすることも大事なことだと思っています。
ただ、ブームに左右されて欲しくはないですが。

私の実家では、かつて何匹もの猫と暮らしていました。
どの子も外に出てゆく、いわゆる自由猫という飼い方。
当時の猫は皆そういう環境でした。
猫のワクチンなんてものも無かった時代、今と比べれば皆短命だったような気がします。
もちろん事故で亡くなった子もいますが、それでもどの子もノビノビとしていました。
現在、完全室内飼いで医療も進歩し、寿命も格段に延びた反面
家庭で飼育できる数にはある程度限りがあると思います。
今の我が家は、シニアになった2ニャン、彼らの性格やストレスや今後の事を考えると
これ以上増やす勇気が私にはありません。
キャパが無いのに受け入れるわけにはいきません。
そのかわり、こうして情報を発信していくこと、猫や犬のために頑張っている方たちを
応援することで少しばかりの協力をさせていただくつもりでおります。


退職にあたって、ねぎらいのお言葉ありがとうございます (_ _*)
ずいぶん前から考えていたことなので
私としてはやっと思い切れた・・・というのが実感 (笑)
これからは、気ままな一人と2匹の暮らしにどっぷりハマっちゃいます (≧m≦)ぷっ!
レオっち | 2008年11月18日(火) 00:42 | URL | コメント編集

こんばんは~♪
なんか出遅れちゃいましたけど・・・。(^_^;)

レオっちさん退職されたんですね。
仕事してると何かと色々とありますもんね。
思い切れたとおっしゃってるの見て安心しました♪
本当にお疲れ様です。
レオくんチビくんとゆっくりしてくださいね♪
(実は私も年内で仕事辞めるんですよ~(*^。^*))

リンク先行ってきました。
こういう現実・・・分かってても記事を見るたび辛くなります。
それに先日もTVで流されてたんですがタレントの方ほとんどが
知らなくてショックをうけてらっしゃったんです。
やはり現実は知られてないんですよね・・・。
本当にもっとメディアなどが真実を取り上げて欲しいんですけどね。

しかし私も以前は知らなかったんです。
先代のボス姫が亡くなりブログを始め色んな事を知りました。
そして私も実際見に行くべきなのかと思うのですけど
勇気がなくて・・・。

今は皆さんと同じで今いる家族や知り合えた野良ちゃん達
その命が1日でも長く続くように頑張るしか出来ませんが
大事に大事にしていきたいと思ってます。
miki | 2008年11月18日(火) 02:51 | URL | コメント編集

こちらも出遅れました。
ただ、ただココロが痛いです。
箱に入った野良の親子猫、かなり痛かったです。
そしてお互いをいたわり合うワンちゃん達・・・
 
私は幸運にも3匹の猫の命をつなぐ事が出来ました。
すべてのコの命を救える訳ではないですが、ポスターを貼ったり命の大切さを子供達に伝えていけるように地道に努力して行きたいと思ってます。
 
・・・実は16日の夕方、また家に遺棄されたと思われるミケの子猫がいました。
でもこれ以上は無理だったのでほうきで追い払っちゃったんです。
サンゴ婿入りの前でもいいからもう一度戻って来てくれないかなぁ・・・
主人はここの町の人間とは限らないからあまり思わないほうがいいよ、とは言ってましたがもうここまで来ると明らかに確信犯としか思えません。
茶汰もそうだし、その他シロ君や人なれしている老猫、そして今回のミケ猫。これでもう4匹目です。
可哀想だから餌をやり無意味に繁殖させる。
子猫の時は可愛いから餌をやって飼うけどその後はしらんぷり。
去勢も避妊もせず放置している家がいっぱいあるんです。
そのくせ本当の罪悪の意味を知らずに去勢や避妊の事を偉そうに問うやつ。
←この人、実は私に説教した人です。
 
この町に嫁入りして来て5年、動物の愛護に関してはマイナス点が多いです。。。
いい所もあるんですけどね・・・・。

山里 | 2008年11月18日(火) 09:02 | URL | コメント編集

★コメントありがとうございます。

v-22 mikiさん
仕事は楽しくて未練はありますが、家族の状況を考えてしまうと
今の勤務体制は精神的にキツかったです ^^;
せっかく帰省しても繁忙期は休みが取れないですからね~。
あら、mikiさんにも新展開が? (^.^)

りんく記事、見てくださってありがとう。
今回のアニマルコミュニケーターの方の報告は
とてもリアルでワンちゃんの気持ちまでよくわかる
切ない内容でしたのでご紹介しました。
これを読むと、引き出すことができないのに
安易に見学することは返って収容されている動物達を
傷つけてしまうようにも思われ・・・。
でも、センターに持ち込む心無い人たちには
ぜひ見ていただきたい報告だと思いました。


v-22 山里さん
本当にこういう報告を見ると辛くて切ないですね。
引き出される数は微々たるもの、最後には必ず死が待っているんですもの。

山里さん地方に遺棄されるネコちゃんたち
田舎に捨てれば生き延びる可能性が大きいとでも
思っているのではないでしょうか。
確かに街中に比べれば環境は良いでしょうけれど
その前に、生まれないようにするべきですよね。
山里さん大変だけど、ミケの仔猫ちゃんと無事に再会できますように。

レオっち | 2008年11月19日(水) 14:43 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。