2007年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2007'06.01 (Fri)

おしっこチェック 我が家流


1月末に起こったレオの尿道閉塞をキッカケに

下部尿路疾患(F.L.U.T.D)について勉強いたしました。


pic07.jpg


☆ 健康な猫の尿は弱酸性(pH 6.2~6.6)であり
  ストルバイトの結晶はpH7.0以上で析出し、pH6.6以下で溶解する。

☆ 尿のアルカリ状態が数日間続くと結晶同士が固まり結石になる。

☆ 結石が尿道に詰まって排尿が困難になると
  72時間以内に尿毒症を発症し死に至ることもある。

☆ 尿pHは一日のうちでも変動があるが
  一日一回はpH6.6以下になるように気を配る。


やはりねぇ 尿pHの管理って大事なんですね。

そこで我が家でも2ニャンのおしっこチェックが日課になりました。

日課と言っても、毎日はできてませんけど・・・(^_^;)

CIMG2405.jpg

おしっこチェック3点セット

ペーパーカップ ・・・・・ 90mlのミニタイプ 40コ入り (100均で購入)
れんげスプーン ・・・・・ プラスチック製 6本入り (100均で購入)
pH試験紙 ・・・・・ ブック型 pH6.2~7.8用 (ネットで購入)

CIMG2416.jpg

ネコちゃんがおしっこ体制になったら、後かられんげを差し込む。

※ この時れんげにトイレ砂が入らないよう注意です。
  (異物の混入でpH値が変わる恐れあり!)

意外とネコちゃんは気にしないでチーしますよ。

採尿できたらペーパーカップへジャーッとね。

CIMG2418.jpg

ペーパーカップに入れてしまえば

あとはネコちゃんがほりほりしてる間にゆっくり作業できます。

pH試験紙をピリッと1枚剥がしておしっこに浸し、色見本と比較。

CIMG2419.jpg

終わったら尿は人間トイレに流し、カップは... (・・*)ノ ⌒◇ポイッ

れんげは中性洗剤で洗って自然乾燥... 繰り返して使えます。

れんげを使う方法は猫友さんに教えてもらったのだけど

ネコちゃんにも負担をかけず簡単に採尿ができますよ~。

尿路疾患になってしまったネコちゃんは、療法食で尿pHを下げるわけですが

その確認の意味でも家庭でのおしっこチェックは有効だと思います。



【ご参考】

おすすめのpH試験紙(楽天) ⇒ [メール便出荷OK] BTB試験紙(ブック式)





ポチっとお願いします♪

スポンサーサイト



テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

00:09  |  下部尿路疾患(ストルバイト)  |  TB(1)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |