2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'05.27 (Wed)

あれから10年。


あの日

ダンボール箱に入れられて

中学校のグランドの片隅に遺棄されていた

生後1ヶ月余りの仔猫たち。


CIMG7815a.jpg CIMG7395a.jpg


この春、10歳になりました。



【出会い】

10年前のある夕暮れ

中学校から帰宅した娘が興奮しながら言いました。

「今日なぁ 学校に仔猫が捨てられとったんよ!」

「んでな、今 ちゃんのおばちゃんが預かって

 面倒見てくれとんじゃけど、うちで飼ったら いけん?」



真っ白2匹、縞柄3匹の5兄妹。

縞柄♀の1匹 は ちゃんのお宅へ。

真っ白♀&縞柄♂の2匹は ちゃんのお宅へ。

縞柄♂の1匹は我が家へ。 (レオです)

真っ白♀の1匹はそのままちゃんのお宅の子に。

その日のうちに、みな行き先が決まりました。



【虹の橋を渡った子】

私と娘がちゃんのお宅に着いた時、ちょうど同級生のちゃんが

一人で大事そうに紙袋を抱えて小走りに帰宅するところで

車から降りた私達に 「可愛いよ~♪」 と紙袋の中を見せてくれました。

真っ白な子と縞柄の子がいました。

私は、ちゃんのご家庭が少々問題を抱えているのを知っていましたし

聞けば ペットと暮らすのは初めてとのこと。

こんな小さな仔猫2匹も連れて帰って 大丈夫なのかな...

と 若干不安な気持ちになったのは確かです。


我が家に連れて帰った直後のレオは

飲まない 食べない... で1晩過ごし、「こりゃいかん!」 と翌日動物病院へ。

体温が下がり衰弱している... との診断で

保温とシリンジでの強制給餌の毎日が始まりました。


その数日後・・・

ちゃんのお宅に行った2匹の子が

相次いで虹の橋を渡ったことを知りました。

やっぱり無理だったんだ...

当時の私はレオのことで手一杯で、近くに住んでいながら

なんのアドバイスも手助けもしてあげられなかった。

仕方ないと言えばそれまでですが

レオが元気に成長するにつれ、2匹の仔猫にもちゃんにも

申し訳ない気持ちでイッパイになるのです。

・・・ゴメンね。



【再会】

10年の節目にあたり、久しぶりにちゃんのお宅を訪ねてみました。

娘たちが成長&自立してしまうと、お互い近所に暮らしていても

だんだんと疎遠になってしまうのですよね ^^;

最初の2・3年は、元気にしているという話を伝え聞いていたのですが

今は10歳、どうなっていてもおかしくない年齢です。


ちょっとドキドキしながらの訪問でしたが、 元気にしていました!


CIMG7813.jpg


真っ白な女の子、お名前は 「ハナちゃん」。

とっても気の強いお転婆さんだそうです ^^;

でも、全く人見知りもせずにナデナデさせてくれました (*^^)v

触った感じ、骨格の大きさや柔らかい毛並みがレオと同じで

やっぱり兄妹なんだなぁ~っと感動♪

お外が大好きで、爪きりが大嫌い。

そんなところもレオと似ています (≧m≦)ププッ!


CIMG7811.jpg


でも、ひとつ違う点が・・・。

ハナちゃん、とっても小柄なんです!

体重も3キロ台しか無いんですって。

骨格の大きさが変わらないのに、レオは5キロ... って?

♂と♀の違いはあっても、明らかに・・・だよね (´-ω-`;)ゞ

わかっちゃいるけど この違いは かなりショーック!(笑)


ハナちゃんママのお話では

ちゃんのお宅へ行った縞柄の女の子も健在らしく。

近いうちに突撃してみようかと思います ^^

ともあれ、無事に10歳を迎えられた兄妹に

これからも幸あれ (*^ー^*)∠※Pan!!。・:*:・



★ ポチっと応援してニャ♪
ありがとニャ♪ 

↓ ちょいと気になるお話。
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

07:00  |  レオの生い立ち  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2006'09.12 (Tue)

我が家のペットライフ Ⅱ

レオが我が家にやって来たのは1999年(平成11年)の5月でした。
当時上の娘が通っていた中学校のグランドに、
4匹の兄妹と共に箱に入れて捨てられていたのです。
生後1ヶ月位のサバトラちゃんが3匹、真っ白ちゃんが2匹でした。
それぞれ、飼い主さんが見つかり、我が家にはレオがやってきたのです。

慌てて近くのホームセンターで必要な物を買い揃え、
ミルクを飲ませようとしたのですが、全く飲んでくれません。
何度チャレンジしても、私の膝の上でウトウト寝てばかり・・・
朝になるのを待って獣医さんへ 

 「体温が下がり、脱水ぎみ。体を温めて、ムリにでもミルクを飲ませてください。」

それから、何年ぶりかの子育てが始まったのです。

「ベビーあんか」で暖を取り、獣医さんから頂いた、
針の無い注射器でミルクを飲ませました。

徐々に体力は回復したけれど、食の細い仔でなかなか体重が増えなかったなぁ。

ちっちゃかったから、トイレの容器にも登れず、
隣に雑誌を何冊か積んで階段を作ってみたり・・・

その頃の写真ですが・・・・・・あんまり可愛く撮れてない
CIMG0392.jpg

他にもあったけど、近づき過ぎてボケボケばっかり・・・( ̄  ̄;)
デジカメじゃないからねぇ。

4ヶ月頃のレオ・・・・・・顔うずまってますよー!
CIMG0382.jpg

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

16:12  |  レオの生い立ち  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。