2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'11.12 (Wed)

小豆島 日帰りプチ旅行 その2


壺井栄 原作の 『二十四の瞳(にじゅうしのひとみ)』 をご存知ですか?

昭和初期の小豆島、ひとりのおなご先生と12人の子供達の物語。

「二十四の瞳映画村」 は昭和62年 田中裕子さん主演で制作された

映画のオープンセットを保存した施設です。


G0980.jpg


受付を入るとこんな雰囲気。


G0985.jpg


撮影に使われたボンネットバスと岬の分教場。

実際の分教場は、映画村の手前500mくらいの場所に現存していますが

このセットは流石にソックリです。

竹馬など当時の遊び道具が用意してあって

オジサマ方が懐かしそうに手に取ったり、遊んだりしていました。


G0983.jpg

G0982.jpg

G0993.jpg


当時の雰囲気を漂わせるように、洗濯物やら、干し柿やら・・・。

漁師の家の縁側には・・・タコツボ!(*^m^*)


映画村の中にある 「壺井栄文学館」 も見学しました。


tuboi.jpg


ここで、夫さんが爆弾発言!

 「壺井栄って・・・女性だったんだね~。」

えっ!?

私達の年代なら知ってるんじゃないのか???

国語の教科書にも出てただろーに... (ノω・、)

 「だって、あの顔は男っぽいだろ~。」

 「・・・あ、そういう意味ね (笑)」


G0976.jpg


現存する実際の分教場までは無料のボンネットバスが走っています。

乗客がいればいつでも発車。 ゆるいな~ (笑)


ちょっと遅めの昼食は

小豆島名産 そうめん・・・っといきたいトコロですが


G1007.jpg


ちと物足りなさそうなので、うどんにしました(笑)

あんまり変わらんか ^^;

でも、お出汁がとっても美味しくて

写ってませんが、焼おにぎりも追加して お腹いっぱい!(*^▽^*)ゞ


G1048.jpg


さて、今年の小豆島はオリーブ植栽100周年を迎え

全島でオリーブ百年祭を開催中です。


G1024.jpg


最後に立ち寄ったのは 「小豆島オリーブ公園」


G1018.jpg


この時期はちょうどオリーブの実が鈴なりで

とっても可愛らしかったです♪


G1042.jpg


青空に映えて、風に揺れるオリーブの大木。

もう気分はエーゲ海? (笑)


G1041.jpg


小豆島とギリシャ・エーゲ海に浮かぶミロス島とは姉妹島提携されているのですね。

ミロス島はミロのヴィーナスが発見された島として知られていますが

ネコ好きにとっては、のんびりとネコが暮らす楽園の島。

1度は行ってみたいもんですね~♪


*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜*:・゜


AM9:30出航のフェリーで小豆島に渡った私達。

帰りは土庄港をPM4:30発の便に乗船する予定で

30分前に港へ着いたのですが・・・


 誘導員 「車の台数がギリギリなんですよ~。
        もしかしたら次の便になるかもしれないけど
        とりあえず並んどいて~。」

 レオっち 「えぇ~次の便って1時間待ちだよぉ。
        どうか、この便に乗れますように・・・。」

   
   
   

そして、いざ乗船開始!



やっぱり・・・ヤ、ヤバイかもww

1台前で終了~ なんてなったらヤダなぁ (>д<)

なんて、ちょっとスリルな気分を味わいながら・・・

   
   
   


G1050.jpg


乗れました~ 最後の1台! ヤッター!!\(^o^)/

車を降りたらすぐ出航


CIMG6645.jpg


新岡山港に着いた頃にはすっかり暗くなっていました。



今回も、写真をピックアップしましたので

大きな画像でお楽しみくださいませ。


クリックで纏めて見られます。(戻る時は左上の×印から)

懐かしいカルピス! 撮影で使われた小道具たち。

壺井栄 生誕百年記念銅像 「せんせ あそぼ」 無料ボンネットバスの停留所は醤油樽。

G1019_convert_20081112182105.jpg G1021_convert_20081112182323.jpg

G1030_convert_20081112182528.jpg G1039_convert_20081112183110.jpg オリーブって品種が多いのね。



またまた出番ないけどポチっとしてニャ♪
ありがとニャ♪ 

スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ - ジャンル : 旅行

23:54  |  小豆島  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2008'11.07 (Fri)

小豆島 日帰りプチ旅行 その1

11月2日(日) 日帰りで小豆島に行ってまいりました。

新岡山港からフェリーで1時間10分で行けちゃうんですよ。

小豆島は家族旅行で10年以上前に行ったことがありますが

今回は夫さんと二人、子供連れとは違う目線で楽しんできました。


G0938.jpg


新岡山港を AM9:30に出航。

この日は陽射しが暖かくて、デッキが気持ちよかったです。


G0946.jpg


キラキラ光る海原を眺めながら

小豆島、土庄港(トノショウコウ)に到着。

山道を登って、「日本三大渓谷美」と言われる

寒霞渓(カンカケイ)で紅葉を愛でます。


G0960.jpg

G0968.jpg


まだ色づき始めでしたが とっても鮮やかで綺麗でしたよ。

ここは麓からロープーウェイで紅葉を眺めながら登ってくることもできます。

見頃は11月中旬以降でしょうか。

でも、この頂上からの眺めは最高ですよ~。


G0969.jpg

G0971.jpg


内海湾(ウチノミワン) と 田浦半島(タノウラハントウ)、その向こうに瀬戸内海。

そしてうっすらと四国が見えるのですが

逆光なので判りにくいですね ^^;

田浦半島の先端には、あの 「二十四の瞳」 の舞台になった

岬の分教場と映画村があります。

ここも訪れましたので 次回ご紹介しますね ^^     


寒霞渓を後にして、山道を下っている時に

あの、お猿さんと遭遇 したわけですよ (笑)

小豆島にはまだまだ野生のニホンザルが生息しています。

銚子渓(チョウシケイ)という所には、「お猿の国」 なんて名所もあって

野生のニホンザル約500匹が餌付けされています。

ここは子供に大人気!(*^m^*)


G1016.jpg


さて、小豆島の名産というと、そうめん、オリーブ、そしてお醤油。

醤油メーカーの工場が立ち並ぶ、醤の郷(ヒシオノサト)は

外からでも もろみの良い香りがします。


G1017.jpg


工場見学できる所もたくさんあるのですが

今回は 「マルキン醤油」 の記念館へ初めて行ってみました。

創業当時の蔵を利用した記念館で、国の有形文化財にもなっているそうです。


G1012.jpg


ここでは醤油づくりの歴史を学べます。

↑は醤油づくりの最終工程、醤油の色・味・香りをととのえる 「火入れ釜」。

入場料 210円を払うと・・・


CIMG6672.jpg


お醤油1本いただけます。

小瓶だけど・・・嬉しい♪(笑)


記念館となりのショップで 「醤油ソフトクリーム」 なるもの発見!

そりゃ食べてみんといけんじゃろぉ!

とりあえず、1つ買って・・・

  「ちょっとコレ持っててね♪」

って財布を仕舞っている間に・・・


CIMG6641.jpg


さっさと食われてた~ (-""-;)

オヤジ!まだ写真撮ってないだろーよ!ヾ(`◇´)ノ

あ、お味はね、醤油の味は全然しません ハイ (笑)

甘さ控えめの薄いコーヒー味?

ちょっと期待ハズレでございました。

まぁ 塩辛かったら、それはそれで困っちゃうけどねぇ ^^;


ということで、今回はここまで。

大量に撮影した写真の中から、いくつかピックアップしましたので

お時間あったら見てくださいね (*^^)v


クリックで纏めてドーンと大きくなります。(戻る時は左上の×印から)

G0933_convert_20081106213459.jpg G0943_convert_20081106213716.jpg
CIMG6629_convert_20081106215221.jpg G0962_convert_20081106213913.jpg
G0972_convert_20081106214139.jpg G1013_convert_20081106214342.jpg

参考⇒  「寒霞渓ロープウェイHP」  「マルキン醤油記念館HP」



オマケに動画を1本。

フェリーの旅をお楽しみください。

音量を上げるとカモメの声が聞こえます。 (鳥が苦手な方はパスしてね ^^;)



 


出番ないけどポチっとしてニャ♪
ありがとニャ♪ 

 

テーマ : 日帰りお出かけ - ジャンル : 旅行

06:40  |  小豆島  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。